連番シール(ナンバリングシール)の作り方

  • 2023年7月15日
  • 2023年7月15日
  • ライフ
  • 2160view

時々、連番シール(ナンバリングシール)が必要になることがあります。ネットで検索すると市販されているものが幾つか出てきますが、百番台まである連番シールは1,000円以上します。そして当然ですが、KY-125のような文字や記号と組み合わせた連番シールはありません。実は連番シールは、ラベルシールと自宅のプリンターを使って簡単に作成することが可能です。今回は、その作り方をお伝えしていきましょう。

ラベルシールを購入
まずはA-ONEのラベルシール、品番「72200」を購入してくださいAmazonや量販店、文具店などで400円程で購入できます。
Amazonはこちら
https://amzn.to/44LIW5O

自宅のパソコンで、A-ONEの「ラベル屋さん」のページにアクセスします。ここにある「ラベル屋さん ソフト10 ダウンロード版」からソフトをインストールしてください。Windows版とMac版がありますが、ここではMac版で解説していきます。

※Macの場合、「ソフトを開けません」という警告ダイアログが表示されますが、controlキーを押しながら「開く」を選択しするとソフトが開けます。

ソフトを起動すると、まずはこのような初期画面が出るので、「新規作成」をクリックし、検索窓から「72200」を検索します。ラベルの表紙が表示されたら、「決定」ボタンを押してください。

【テンプレート】の画面に進みます。ここで「デザインなし」を選択し、【デザイン編集】に進みます。

上にあるイラストアイコンの「連番」をクリックすると、数字が現れます。デフォルトでは「1」が表示されますが、01、001、0001にすることも可能です。ここでは001にしてみました。

次は【レイアウト】に進んでください。するとラベル全体が現れ、左上に001が表示されているはずです。それを確認したら、上に並んでいるイラストアイコンの「全コピー」をクリックします。

すると、見事に連番が作成されます。
1枚の用紙は001~200までですが、それ以上の連番が欲しいときは、イラストアイコンから「追加」をクリックしてください。無限に増やしていくことができます。

ここでの注意点は、200番台に移り変わったとき、いったん【デザイン編集】に戻り、201番が表示されたのを確認して、再度【レイアウト】に進んでください。その後、先程と同じように「全コピー」をクリックし、200番台の連番を作成します。

あとは、【印刷】に進み、「印刷する」をクリックするだけです。ラベルシールを使った本番印刷の前に、コピー用紙などにテスト印刷をした方がいいでしょう。プリンターによっては、ラベルシールとのズレが生じることがあります。その場合、「位置」に数値を入力して、微調整してください。
私はいつもCanonやEPSONの家庭用インクジェットプリンターで出力していますが、デフォルトの状態でもズレるようなことはありません。すべての番号はラベルシールの玉の中に綺麗に印刷されます。

文字との組み合わせも簡単
KY-100のような文字と組み合わせる場合も、作成方法は全く同じです。
デザイン編集で、「文字」のアイコンをクリックして文字を入力。次に「連番」のアイコンをクリックするだけです。

「ラベル屋さん」には、WEB版もあり、使い勝手はダウンロード版と全く同じです。新しいラベルシールがアップデートされているので、WEB版を使った方がいいかもしれませんね。
いずれにせよ、連番シール(ナンバリングシール)は、このA-ONEのソフト「ラベル屋さん」を使えば簡単に作成できます。皆さんも是非チャレンジしてみてください!

#連番シールの作り方 #ナンバリングシールの作り方 #連番作成 #ラベル屋さん #AONE #エーワン #連番作成 #ナンバリング作成

最新情報をチェックしよう!